여백
> LIFE&PEOPLE > 문화
[2017~2018年]宋秀璉 教授③‥観照と内的視線
   
▲ 내적시선(Meditate in Silence), 117×91㎝

私はその作業に長らく"官曹"という名前を付けてきた. それは本質を見つめる魂の視線だ。 物事の有限な世界を越えて抽象的本質に触れようとする私の願望を表現したのだ。そのような点で観照は,物事に触れる私の体の物理的な視線ではなく,私の中の内面的な視線を意味する。

その内なる視線が感じられるところで,対象は"事物の監獄"から自由になれ,はじめて"生きている何か"になる。存在内面の体を通じて,濾過された時間と情緒が混ぜられ,生命力あふれる造形意識に変わる瞬間がまさにそれだ。

もちろんその時の内的視線は私のものであって,私が全部分らない私たちみんなの事だと思う。 蘇った対象が私を追い越して,他の私たちに普遍的なその何を喚起させる触発点になることを望む理由もそのためだ。

△宋秀璉(한국화가 송수련,한지화가 송수련,송수련 화백,宋秀璉,SONG SOO RYUN,송수련 작가,Hanji Painter SONG SOO RYUN,한지작가 송수련,종이회화 송수련,여류중견화가 송수련, KOREA PAPER ARTIST SONG SOO RYUN, KOREAN PAPER ARTIST SONG SOO RYUN)/作家ノート

권동철 미술칼럼니스트  |  kdc@econovill.com  |  승인 2019.09.14  01:55:37

[태그]

#이코노믹리뷰, #권동철

[관련기사]

이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
자동등록방지용 코드를 입력하세요!   
확인
- 200자까지 쓰실 수 있습니다. (현재 0 byte / 최대 400byte)
- 욕설등 인신공격성 글은 삭제 합니다. [운영원칙]
이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
SPONSORED
여백
여백
전문가 칼럼
동영상
PREV NEXT
여백
포토뉴스
여백
여백