여백
> LIFE&PEOPLE > 문화
[1980~1982년]人物水彩画とドローイング具滋勝·張志瑗 夫婦 渡美展 文を中心に
   
▲ (왼쪽)헤어밴드를 한 여인, 27×27㎝ watercolor on canvas, 1980 (오른쪽) 잠을 자는 여인, 40×37㎝, 1981

鴛鴦という言葉がありますしまう、名前もある望遠洞巣の2階画室で一緒に仲良く仕事をしている彼らを見ていると必ず一対のハトのようで心温まる思いです。

   
▲ (왼쪽)머리를 딴 여인, 32×26㎝, 1980 (오른쪽)붉은 스카프의 모델, 34×46㎝, 1981

私は‘志瑗(CHANG CHI WON,Korean painter Chang Chi-Won,ARTIST CHANG CHI WON,서양화가 장지원,장지원 작가,장지원 화백,張志瑗,Chi-Won Chang)’の旧師がいて,また二人が皆大学の後輩でもある年をとって,いろんな年をお互いに親しく過ごしており,彼らが生きていく姿をマオン·バルチでいつも見守っていました。

   
▲ 모델, 32×26㎝(each), 1981

素朴で謙虚な人品の新郎は絵のために出かけていた学校も辞めるという非常な決意を見せました。

   
▲ 모델, 42×26㎝, 1981

一方,妻は彼女らしい美しい具象の世界に翼を広げ,二人とも乱れているこの地の美術風土や世評には気にも留めず,ただ自分の分数を守って静かに内実を固めてきました。

   
▲ (위)드로잉, 67×50㎝ 종이위 콘테, 1982 (아래)70×50㎝, 1980

今回,彼らは研究のため,共にカナダへ渡り,出かける前に,二人初の夫妻展をここに開くことになりました。彼らが数年間の研修を終えて帰国するまで,彼らの成功を常に祈願しているはずです。△정건모(鄭健謨, 前 東亜大教授·画家)

권동철 미술칼럼니스트  |  kdc@econovill.com  |  승인 2019.08.23  22:53:11

[태그]

#이코노믹리뷰, #권동철

[관련기사]

이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
자동등록방지용 코드를 입력하세요!   
확인
- 200자까지 쓰실 수 있습니다. (현재 0 byte / 최대 400byte)
- 욕설등 인신공격성 글은 삭제 합니다. [운영원칙]
이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
SPONSORED
여백
여백
전문가 칼럼
동영상
PREV NEXT
여백
포토뉴스
여백
여백