여백
> LIFE&PEOPLE > 문화
[2008년]徐敬子 作家①‥青い理想郷のイメージ
   
▲ 91×72.7㎝

徐敬子が自らの内面を見つめる方式は瞑想だ。最近制作している「瞑想」シリーズからその断面を見ることができる。彼女は作品をとても短時間に制作する。東洋の「禪」に魅了された現代陶芸作家のボルコス(Peter Voulkos, 1924-2002)は、弟子たちと共に焼き物を2分で作り上げる訓練を繰り返して行ったと言われる。

   
▲ 91×72.7㎝

その過程で、彼は無念の境地を体験したという。彼は『こんな形を作りたい」とか、「こんな釉薬を使いたい」など、普通, 作家が作品を作るときに持つ思いを振り払 ったのだ。

彼(서양화가 서경자,SUH KYUNG JA,서경자 작가,여류중견작가 서경자, 서경자 화백,ARTIST SUH KYUNG JA,徐敬子 作家,画家 徐敬子)は物作りそのものにひたすら満足し、自分の心と手を赴くままに任せたのだ。

   
▲ Meditation, 53×45.5㎝ Acrylic on canvas, 2008

今回の 「瞑想」シリーズのオブジェは阖而の中に散乱していて、画面の上部の形態が占める空間が下部のそれより大きくなっているが、これは逆遠近法のような倒置法の一種だ。グレーの背景の上部空間を占める緑の幹が作品の全体的な雰囲気を支配している。

△崔炳吉(哲学博士,圖光大学教授)

권동철 미술칼럼니스트  |  kdc@econovill.com  |  승인 2019.06.22  15:43:28

[태그]

#이코노믹리뷰, #권동철

[관련기사]

이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
자동등록방지용 코드를 입력하세요!   
확인
- 200자까지 쓰실 수 있습니다. (현재 0 byte / 최대 400byte)
- 욕설등 인신공격성 글은 삭제 합니다. [운영원칙]
이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
SPONSORED
여백
여백
전문가 칼럼
동영상
PREV NEXT
여백
포토뉴스
여백
여백