여백
> LIFE&PEOPLE > 문화
美術人 秋永浩‥家·空間の変奏そのウィットと創造
   
▲ 6M City day dream in Osaka Japan, 40×20㎝ hand craft photo collage Acrylic on Canvas, 2019

秋永浩は長時間にわたる粘り強く,非常に個人的な空間"家"に集中してきた。作家は,幼年時代,自分の故郷の村が都市化によって家々が支離滅裂に一つずつ消滅していく姿を幼い目で見て,ただ時間の流れに従って眺めるしかなかった。

そのように作家の記憶の倉庫に積もった家に対する残像は幼少時代の悲しく躍動的なノスタルジアとなり,作家の家に対する執拗な変奏作業のきっかけとなった。

このような作家の家に対する執拗な変奏曲は,単に家に対する形態的な事実的記録にとどまる写真よりも,家に対する作家の様々な解釈と解体的意味が込められる手作業を通じて作品が出ることを作家は切望した。

   
▲ 6M City day dream in Sosalito USA, 40×20㎝

2009年から始まった作家の'リンシリーズ(都市の生活シリーズ)'は可能な様々な種類の家屋や建物を回りながら撮影しており、それらをとても小さな大きさで数百の、多くは数千個ずつプリントした後、家の生じた形を一つずつ取り出した。

このように準備された家に対する数多くのイメージの破片を,美術の材料であるカンバスの上に次ぐ反復的でアナログ的な手作業を数年間続けてきた。 これを作家はコラージュ(Collage)と作家の性(Surname)であるChuuuを合わせて"コラチュ(Collachu)"と名づけた。

   
▲ 6M Venezia Italy, 40×20㎝

2017年になって人工衛星というニューテクノロジーとの遭遇を通じて'空間についた創意的な進化する。 宇宙の最も高い所から降りていくうちに,空間越しの脈絡までもウィットに創造するように,多様々な視点の空間を作家だけの独特な視覚と進化した都市の生活シリーズである"都市の表情その向こう"を披露するようになった。

これはこれまで写真と美術の方法論的な異種交配を通じて新しい観点を提示してきた秋英鎬作家のもう一つの実験的な世界観が垣間見られる"都市の生活"シリーズコラージュ連作で,空間に対する作家(美術家 秋永浩,미술인 추영호,Chuu Young Ho,미술가 추영호,추영호,秋永浩,추영호 작가,화가 추영호,ARTIST Chuu Young Ho)の見方がいかにウィットある創造変奏されたかを確認することができる。△作家ノート.

   
▲ 秋永浩(chu, Young-ho). <사진=권동철>

 

권동철 미술칼럼니스트  |  kdc@econovill.com  |  승인 2019.06.09  21:07:33

[태그]

#이코노믹리뷰, #권동철

[관련기사]

이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
자동등록방지용 코드를 입력하세요!   
확인
- 200자까지 쓰실 수 있습니다. (현재 0 byte / 최대 400byte)
- 욕설등 인신공격성 글은 삭제 합니다. [운영원칙]
이 기사에 대한 댓글 이야기 (0)
SPONSORED
여백
여백
전문가 칼럼
동영상
PREV NEXT
여백
포토뉴스
여백
여백